MUTA “gun powder / blue cream” CD

それは静かに山の間から現れる。炎が燃え盛る中MUTAが現れる
。揺れながら揺らしながら超えていく。
怪しいコードがゆらめくなか、ビートと共に着実に進んでいく。
HIP HOPを聴いた時、何か大きくなった感覚を思い出させる。
このSUREな一つ一つのステップは次のフィールドを目指し進む
。— GUN POWDER
対照的に水の中に頭から入っていくようなそこにあるWAVE。
内面に外面細かく変わるWAVEの中からラップが響く。
それは毎日のこと。その川はつねに輝きながら形をかえていく。 — BLUE CREAM
 
タイでの生活を通した1エイジアンラッパーとしてそのスタイルを
提示した「DEE EP」のリリース後間髪入れずにWDsoundsより、
シングルを2曲同時リリース。ビートはMASS-
HOLE作品への参加でゆらめくCOOL HEATな存在をみせたTATWOINEが2曲共に担当。MIX をYAB / MASTERINGを得能 直也が手がけ、JKT用にTeppei Horiが写真を撮りおろしている。
レイアウトデザインはWANDERMAN / FUTEAMが担当。JKTは7インチ仕様のJKTになっています。

配信版では2曲のみですが、CD版には各インストが収録され全4曲。
配信は今週29日よりスタート。CDは今日〜明日に下記のお店に並ぶ予定です。


WDwebstore
EBBTIDE RECORDS
トラスムンド
タラウマラ 
RECORD SHOP DIG DIG
JET SET 京都
WENOD
BUSHBASH
LAEDBACK
LiE RECORDS

—MUTA PROFILE—
2019年、1ST ALBUM 『DAWN』が話題になった小江戸川越のHIPHOP crew ”JUMANJI”の発起人=MUTA。2008年にYoung Drunkerの一員としてデビューして以来、
東京都内を中心としたHIPHOPシーンで活動し続ける。
2010年代前半はFla$
hBackSのFEBBが全曲プロデュースした1st EP『MUTAEP』や、jjj,
仙人掌といった身近なスターラッパーを客演に迎えたミニ・
アルバム『UMAT』を発表したが、
その後ライフスタイルを見つめ直す機会を求めて東南アジア・タ イに移住。
新型コロナ禍におけるタイでの隔離期間をQuestion.
SeQのトラックと共に切り取った前作『DISTANCE』
と時系列を前後して、
1人のアジア人ラッパーとしてのスタイルを『DEE EP』において提示する。
そのEPから間髪入れずWDsoundsよりシングルを2曲同時リリース。

EFTRA “E.F.T.R.A ep” 2021.10.13 OUT

EFTRAというラッパーは完全にこの世界のUNDERGROUND HIP HOPのトップチームの一人だと思う。彼のことを聴かれるべきラッパーと呼ぶ。
そういうアーティストに今年、何人か出会った、そのきっかけのほとんどがMASS-HOLEなんだよなと改めて思う。MASS-HOLEのプロデューサーとしての視点も落とし込んだEP聴くしか無いと思います

MIYA DA STRAIGHT「M.D.A.S.T」EPから間髪入れず富山の雄Eftraの全曲MASS-HOLE ビートによる「E.F.T.R.A ep」が10/13にリリース。12日には松本で撮影され、EftraやMIYA DA STRAIGHTも出演している『INTERVIEW FILE : MASS-HOLE』がSPACE SHOWER TVの人気番組「BLACK FILE」でOA。
現在進行形でHIP HOPを更新するフローから広がるEftraの世界はみなが見るべきだと思う。


MASS-HOLEの最新ALBUM『ze belle』にも参加していた北陸は富山をRepするEftraによるEPが東京を背負うlabel「WDsounds」とMASS-HOLEのlabel「DIRTRAIN」のサポートによりリリース。MASS-HOLEが全曲のビートを担当し、このタッグでしか生まれない劇薬な化学反応を見せており、USアンダーグランドとの時差を感じさせないEftraのフロウ、中毒性を持つ声、日常の感情を込めた歌詞と重要なELEMENTが完璧にパッケージング。長野のBOMB WALKERとMASS-HOLEがラップで参加しているのみであとはEftraのStand Alone。だが、背後にそびえる立山連峰と凍てつく空気を運ぶ日本海の間でSPITし続けるEftraのRAPは漁火のようにHEADS達を燃やし続けている。全9曲のWINTOWN x トミヤマハードウェーヴは季節を一気に進める。


DRWD 002 
2021年10月13日発売 / ¥1800 + 税
「E.F.T.R.A ep」/ Eftra
https://lnk.to/EFTRA_ep


1.intro
2.tunnel
3.barricade feat BOMB WALKER
4.no moss
5.heat it up feat MASS-HOLE
6.requiem&guidance
7.ice age 
8.a merit
9.outro 


all lyric        by  Eftra(mondo bandido)
all beats      by MASS-HOLE(WDsounds/midnightmealrecords/DIRTRAIN)
art work       by daichi
mix and master by DJ KENZI(FREEDOM SOUND PRODUCTION)
production&ditrbution by LIL MERCY(WDsounds)&P-VINE RECORDS
produce       by MASS-HOLE


<Eftra>
Twitter https://twitter.com/artFEEFtra
Instragram https://www.instagram.com/artfeeftra/ 
Soundcloud https://soundcloud.com/eftra1997


BLACK FILE / INTERVIEW FILE : MASS-HOLE

  < INTERVIEW FILE : MASS-HOLE > 
10/12(火) 25時~スペースシャワーTV  BLACK FILEにて、   INTERVIEW FILE : MASS-HOLE の模様をオンエア。スペシャオンデマンドでは12日18時より視聴可能。SIN-NO-SKE、SENNA、MIYA DA STRAIGHT、Eftra、BOMB WALKER、MAC ASS TIGER、HAKASE、DYES、RAIN RAIN etc. も出演のWINTOWNスペシャル。
https://vod.spaceshower.jp/p/1R008_010040_2110122

EFTRA “ICE AGE” OUT from UPCOMING EP

「E.F.T.R.A ep」/ Eftra
https://lnk.to/EFTRA_ep
< DIRTRAIN x WDsounds 第二弾は富山(トミヤマ)のダイヤモンドラッパーEftraの「E.F.T.R.A ep」。10/6にEPより先行で「ice age」がリリース>

MIYA DA STRAIGHT「M.D.A.S.T」EPから間髪入れずにリリースとなる富山の雄Eftraの全曲MASS-HOLE ビートの「E.F.T.R.A ep」。まずは「ice age」が先行配信開始。
MASS-HOLEの最新ALBUM『ze belle』にも参加していた北陸は富山をRepするEftraによるEPが東京を背負うlabel「WDsounds」とMASS-HOLEのlabel「DIRTRAIN」のサポートによりリリース。MASS-HOLEが全曲のビートを担当し、このタッグでしか生まれない劇薬な化学反応を見せており、USアンダーグランドとの時差を感じさせないEftraのフロウ、中毒性を持つ声、日常の感情を込めた歌詞と重要なELEMENTが完璧にパッケージング。長野のBOMB WALKERとMASS-HOLEがラップで参加しているのみであとはEftraのStand Alone。だが、背後にそびえる立山連峰と凍てつく空気を運ぶ日本海の間でSPITし続けるEftraのRAPは漁火のようにHEADS達を燃やし続けている。全9曲のWINTOWN x トミヤマハードウェーヴは季節を一気に進める。


DRWD 002 
2021年10月13日発売 / ¥1800 + 税
「E.F.T.R.A ep」/ Eftra
https://lnk.to/EFTRA_ep


1.intro
2.tunnel
3.barricade feat BOMB WALKER
4.no moss
5.heat it up feat MASS-HOLE
6.requiem&guidance
7.ice age 
8.a merit
9.outro 


all lyric        by  Eftra(mondo bandido)
all beats      by MASS-HOLE(WDsounds/midnightmealrecords/DIRTRAIN)
art work       by daichi
mix and master by DJ KENZI(FREEDOM SOUND PRODUCTION)
production&ditrbution by LIL MERCY(WDsounds)&P-VINE RECORDS
produce       by MASS-HOLE

MIYA DA STRAIGHT “M.D.A.S.T ep” OUT NOW

WINTOWNのHIP HOPはMASS-HOLEが作ったと言って否定するものは誰もいないだろう。プロデューサー、トラックメーカーとして数多くのアーティストに楽曲を提供( MASS-HOLE WORKS https://lnk.to/massholeworks にその一部をプレイリストにまとめてありますので是非こちらをCHECKしてください。)そのサウンドを全国に轟かせ、PAReDEから数年の時を経てリリースしたze belleではよりHOODに根付いたHIP HOP、責任を背負い、さらなる深みを見せるHIP HOPを轟かせた。DEVIL’S PIE, HOME PARTY, KINGPINZ, FOUR HORSEMEN、MASS-HOLEがHOOK UPしてきた街のラッパー、MIYA DA STRAIGHTのEPがリリースとなる。

MASS-HOLEが運営するDIRTRAIN ( ロゴは実はMr.GRINによるもの)とWDsoundsの共同リリース第一弾。MIYAは最高のラッパー。

MIYA DA STRAIGHT – M.D.A.S.T ep
https://lnk.to/MDAST_ep


DRWD 001
2021年9月29日発売 / ¥1800 + 税
「M.D.A.S.T ep」 / MIYA DA STRAIGHT
1.m.d.a.s.t feat. BOMB WALKER
2.black pants and shoes *** 9/22先行配信曲
3.gotch stelo
4.no gimmic feat. BLAHRMY
5.yukiyama dojo feat. Eftra, MAC ASS TIGER, BOMB WALKER
6.take over

MASS-HOLEの最新ALBUM『ze belle』にも参加していたWINTOWN信州長野のMIYA DA STRAIGHTのEPが遂に完成。「WDsounds」とMASS-HOLEのlabel「DIRTRAIN」がタッグを組んだ今作はそのMASS-HOLEがプロデュースという形でバックアップに徹し、すべてのbeatをなんとDLiP RECORDSの屋台骨NAGMATICが担当。客演には藤沢をREPするMILES WORDとSHEEF THE 3RDのユニットBLAHRMYを筆頭に地元の盟友MAC ASS TIGERやBOMB WALKER、富山のEftra、さらにはMIDNIGHTMEAL RECORDSのDJ SEROWがスクラッチにて参加。ストンピングのようなRHYMEの応酬とNAGMATICによるDOPE BEATS。やつが次にベルトを獲りにいく。


REVIEW by COTTON DOPE
DIRTRAINxWDsounds 一発目は長野のSTRONG STYLEに未来をリフトするMIYA DA STRAIGHT
明確な定義なんてない、ただ宣言することは出来る。DEMONSTRATING MY STYLE、自分のスタイルはこれだ。頑なにこれだって。鍛練した時間と空間は新たなフィールドへと現れる。WINTOWN、この土地にとんでもないことが起ころうとしている。このリリースはWINTOWN HIP HOPが新しいシーズンに入ったことを高らかに宣言する。NAGMATICのビート、BOMB WALKER, MAC ASS TIGER, EFTRA, DIRTRAINソルジャー達との鍛練の記録、BLAHRMYからの祝砲、これくらい出来ないと世界に遠征は出来ないよね。WINTOWN STRONG STYLE HIP HOP。







MIYA DA STRAIGHT “black pants and shoes” from M.D.A.S.T ep

MIYA DA STRAIGHTのEPから”black pants and shoes” の先行配信を開始
https://lnk.to/MDAST_ep

MASS-HOLEがMIYAをHOOK UPした意味がバッチリ伝わると思います
STRAIGHT UP HIP HOP
未踏の地まで行けそうです

febb “THE TEST / FOR YOU”

本日P-VINEの45周年企画と合わせまして、febbの”THE SEASON”の中でも人気の高い”THE TEST”の7INCHがリリースになりました。BEATはシカゴのSERIOUS BEATS。このトラックはMAFIA MUSICというMIXTAPEに入っている一曲目で、febbがこのBEATやばいからSERIOUS BEATS頼みたいんですよねって言ってて、そのあと色々BEAT聴いたけど、このBEATよりやばいの無いよねって話になって。このBEAT買えないかオファーしてみようって朝方のBEDでなって、速攻連絡とって、QRON Pとfebbが家に帰るまでの間にBEATをGET出来たやつです。(最後の方がもしかするとちょっと時間短くサバ読んでる気がしなくも無いですが笑)
このころfeel like making love めちゃくちゃ聴いてたな。
カップリングの”FOR YOU”は完全に新曲です。febbだったらこういうカップリングの仕方するかなと思って使わせていただきました
収益はしっかりとfebbのご家族に渡しております。febbの家族と今も交流が続いていること。それもfebbが残してくれた大切なこと。大きなものを残してくれたので大切にそれをより大きくして行きたいと思います。
今回の”FOR YOU”はデジタル配信の予定はありません。是非とも7INCHでお聴きください。

DIRTRAIN & WDsounds presents WINTOWN & TOMIYAMA

 < MASS-HOLEのプロダクションDIRTRAINが本格始動。WDsoundsと手を組みアルバム「ze belle」に参加した長野のMIYA DA STRAIGHTのEP ( ALL NAGMATIC PRODUCE TRACK )、富山のEftra ( ALL MASS-HOLE PRODUCE TRACK )の作品を連続リリース


クラッシックの意味を改めて記した2ndアルバム「ze belle」でその存在とサウンドを響かせたMASS-HOLE。彼が以前から手がけるプロダクションDIRTRAINが本格始動。その第一弾としてFOUR HORSEMENのメンバーでもある長野のMIYA DA STRAIGHTがDLiPの”THE BEST” NAGMATICが全てのビートを手がけ、BLHARMYがゲスト参加したEP「M.D.A.S.T ep」を2021年9月29日にリリース。立て続けに第二弾として「ze belle」に参加していた北陸富山の雄EftraのMASS-HOLEが全てのトラックをプロデュースした、客演にはMASS-HOLE、長野のBOMB WALKERのみの参加の硬派なEP「E.F.T.R.A ep」を2021年10月13日にリリース。MidNightMealRecordsのdaichiがMIYA, Eftraをダークヒーローコミックに描きこんだ最高のジャケットはCDとして手に取れば更なる世界が広がっている。マスタリングは長野のDJ KENZIが手がける。
HIP  HOPという音楽の強度と未来を改めて感じさせてくれるこの2作品、クソでかい音で鳴らし欲しい。これは世界中に響くWINTOWNからの”ze belle” だ!!
MIYA DA STRAIGHT/M.D.A.S.T ep


MASS-HOLEがトータル・プロデュースする信州長野(WINTOWN)のニューカマーMIYA DA STRAIGHT!BLAHRMYが参加し、すべてのビートをDLiP RECORDSのNAGMATICが担当!


MASS-HOLEの最新ALBUM『ze belle』にも参加していたWINTOWN信州長野のMIYA DA STRAIGHTのEPが遂に完成。「WDsounds」とMASS-HOLEのlabel「DIRTRAIN」がタッグを組んだ今作はそのMASS-HOLEがプロデュースという形でバックアップに徹し、すべてのbeatをなんとDLiP RECORDSの屋台骨NAGMATICが担当。客演には藤沢をREPするMILES WORDとSHEEF THE 3RDのユニットBLAHRMYを筆頭に地元の盟友MAC ASS TIGERやBOMB WALKER、富山のEftra、さらにはMIDNIGHTMEAL RECORDSのDJ SEROWがスクラッチにて参加。ストンピングのようなRHYMEの応酬とNAGMATICによるDOPE BEATS。やつが次にベルトを獲りにいく。


DRWD 001
2021年9月29日発売 / ¥1800 + 税
「M.D.A.S.T ep」 / MIYA DA STRAIGHT
1.m.d.a.s.t feat. BOMB WALKER
2.black pants and shoes *** 9/22先行配信曲
3.gotch stelo
4.no gimmic feat. BLAHRMY
5.yukiyama dojo feat. Eftra, MAC ASS TIGER, BOMB WALKER
6.take over




all lyric        by  MIYA DA STRAIGHT
all beats      by NAGMATIC ( DLiP RECORDS ) 
all scratch   by DJ SEROW ( midnight meal records ) 
art work       by daichi ( midnight meal records ) 
mix and master by DJ KENZI(FREEDOM SOUND PRODUCTION)&NAGMATIC
production&ditrbution by LIL MERCY(WDsounds)&P-VINE RECORDS

Eftra/E.F.T.R.A ep


MASS-HOLEが全曲のビートを担当した北陸は富山の雄、EftraのMINI ALBUM『E.F.T.R.A ep』!


MASS-HOLEの最新ALBUM『ze belle』にも参加していた北陸は富山をRepするEftraによるEPが東京を背負うlabel「WDsounds」とMASS-HOLEのlabel「DIRTRAIN」のサポートによりリリース。MASS-HOLEが全曲のビートを担当し、このタッグでしか生まれない劇薬な化学反応を見せており、USアンダーグランドとの時差を感じさせないEftraのフロウ、中毒性を持つ声、日常の感情を込めた歌詞と重要なELEMENTが完璧にパッケージング。長野のBOMB WALKERとMASS-HOLEがラップで参加しているのみであとはEftraのStand Alone。だが、背後にそびえる立山連峰と凍てつく空気を運ぶ日本海の間でSPITし続けるEftraのRAPは漁火のようにHEADS達を燃やし続けている。全9曲のWINTOWN x トミヤマハードウェーヴは季節を一気に進める。


DRWD 002 
2021年10月13日発売 / ¥1800 + 税
「E.F.T.R.A ep」/ Eftra
1.intro
2.tunnel
3.barricade feat BOMB WALKER
4.no moss
5.heat it up feat MASS-HOLE
6.requiem&guidance
7.ice age *** 10/6に先行配信
8.a merit
9.outro 


all lyric        by  Eftra(mondo bandido)
all beats      by MASS-HOLE(WDsounds/midnightmealrecords/DIRTRAIN)
art work       by daichi
mix and master by DJ KENZI(FREEDOM SOUND PRODUCTION)
production&ditrbution by LIL MERCY(WDsounds)&P-VINE RECORDS
produce       by MASS-HOLE


 
represent  me and jungal tomiyama,mondo bandido

RIVERSIDE READING CLUB 2021.09.01

平日の夕方から夜の時間にふらっと集まれる場所をと思いRIVERSIDE READING CLUBとBUSHBASHで夏の始まりにスタートした「RIVERSIDE READING CLUB」。昼は暑く夜は涼しいそんな残暑の夕方にまた集いのお知らせです。BUSHBASHの消毒、換気、マスク着用の徹底等の対策とそれぞれがお互いを考えることで、この場所は成り立っていると思います。それぞれ健康状況に気をつけてお越しください。当日は配信もさせていただきますので、家でもお楽しみいただければと思います。TALKであったり、リアルタイムでのWEBでの物の販売もします。今、考えなければいけないことは場所とそれをとりまく全てを守っていくことだと思います。

2021.09.01 “RIVERSIDE READING CLUB” @ 小岩BUSHBASH
START : 17:00 ENTRANCE : ¥1000

TIMETABLE
17:00 – 18:45 Untitled Ballroom (Ghost PHONEHEAD & MAU itako Sniggler) 
18:45-19:45 TALK
19:45-20:30 Cotton Dope
20:30-21:15 大柴裕介
21:15-22:00 Trasmundo DJs

SWEETS : めぐだお
CHAI : トミヤマカレー
COFFEE : MOBB COFFEE
SHOP : トラスムンド / HELLO IT’S ME / WDsounds / RIVERSIDE READING CLUB

MAU SNIGGLERと本の話をした好書好日はこちらで読めます。
https://book.asahi.com/article/14426540