2021.04.29 J.COLUMBUS RUINS RELEASE PARTY at KOIWA BUSHBASH

-J.COLUMBUS “RUINS EP” Release Party-
4/29(thu) @KOIWA_BUSHBASH
LIVE:
J.COLUMBUS
ERA
MIKRIS
JUMANJI
平野太一
東金B¥PASS
DJ:
BUSHMIND
DJ HIGHSCHOOL
PHONEHEAD
CHIYORI
CHANG YUU
TAIKI (funktion)
出店:
RIVERSIDE READING CLUB
178 curry
PM5- 2000yen(+1d order)

BUSHBASHは万全の対策をしておりますがみなさまも万全の対策の上お越しください。
info@wdsounds.com でもご予約受け付けております。事前予約していただければ幸いです
デジタルでは4/29リリースになります。よろしくお願いします

J.COLUMBUS – RUINS
https://lnk.to/J_RUINS

MASS-HOLE “boast and attitude” MV & INTERVIEW

信州松本のラッパー・プロデューサーMASS-HOLEが自らの生き方に絶大なる影響を与えたものであり、彼が表現しているものであるHIP HOPを伝える「boast and attitude」のMUSIC VIDEOを公開。ビートはBROTHER GRIM LEAGUEの盟友DJ GQ、映像はDiaspora SkateboardsのBanri Kobayashiが手がけ、東京のウェアブランドBACK CHANNELが手厚くサポートしている。
ベストやクラッシックという言葉とともに紹介されるアルバム「ze belle」のリリースパーティーがMASS-HOLEの所属するMidNightMealのオーガナイズするパーティー「DEVIL’S PIE」として6/5に開催することも決定!!

そして、MASS-HOLEのスペシャルインタビューがQETICにて本日より公開。その言葉と音楽に触れて欲しい。
https://qetic.jp/interview/mass-hole-pickup/393787/


MASS-HOLE アルバム「ze belle」AVAILABLE ON STREET
https://lnk.to/zebelle

「DEVIL’S PIE vol. 17」 
2021.06.05(土)
KICHIJOJI WARP
OPEN 17:00
ADV ¥2,500(+1d)/DOOR ¥3,000(+1d)
release live
MASS-HOLE
featuring guest
SHOKO&THE AKILLA
guest live
ISSUGI
MONDO BANDIDO
(MIYA da STRAIGHT,BOMB WALKER,Eftra)
J.COLUMBUS
live
ILL-TEE
dj
MET as MTHA2
TATWOINE
SIN-NO-SKE
SEROW
※入場制限あり
開催規模の縮小、スムーズなご入場のため、前売りでの販売とさせて頂きます。また、会場内での安全面を第一に考え、前売り券は上限数に達し次第販売を終了とさせて頂きます。当日券も販売致しますが、当日の混雑状況によっては販売を中止する場合もございますので、前売り券のご購入をお勧め致します。



J.COLUMBUS ruins EP 2021.04.20

J.COLUMBUS ruins EP


WELL COME prod. YOSHIMARL
GOOD LIFE remix feat. MUTA ( JUMANJI ) prod. DJ FRESH
BEST COAST feat. ERA prod. NARISK
ALL GOOD feat. RENA ( JUMANJI ) & META FLOWER ( LSBOYZ ) prod. DJ HIGHSCHOOL


MIXED & MASTERD BY Aru-2
PHOTO BY Teppei Hori


白地に黒く並んだ文字。MonochromeというよりもNoir。やっぱり小説に近い、J.COLUMBUSのラップのイメージ。でも、真実が語られるのはいつもきっとこんな語り口。LIFEから慎重に取り出され、とても丁寧に書き写された街の言葉、心象風景。真実とディティール。あらすじや説明は無いけれど、そこにはたしかに特別な意味とFlowがある。ビートとライミング、仲間との“会話”で編み込まれた意味と真実。ビートにのって知らない街を歩くようにリリックを追いかける、情景が浮かぶ、感情に触れる、通りの名前の意味も分かった気になる。素晴らしい音楽、言葉には発見と解釈があって、“あなた”の物語も浮かびあがらせる、それも肯定された気がするこの音楽はとても深く、多分“解決”していないことで開かれている。あの短編小説や人生と同じように。つまり、このラップ・ミュージックは自分がどう生きたかに等しい。今を肯定し明日信じて歩く音楽 from NORTH TOKYO。J.COLUMBUSの新しい物語。Classicへようこそ。 ( ikm / RIVERSIDE READING CLUB ) 

CD先行でのリリースになり、CDは下記にて取り扱いいただいております
WDwebstore
FULLCOUNT WORKS
GAME CLOTHING
トラスムンド
EBBTIDE RECORDS
タラウマラ
JETSET RECORDS
WENOD
LAED BACK
DARAHA BEATS
RECORD SHOP DIG DIG
BANGUARD

2021年4月29日にデジタルにてリリースします。同日リリースパーティーもBUSHBASHにて開催しますのでよろしくお願いします。



「J.COLUMBUS “RUINS EP” Release Party」
4/29(thu) @KOIWA_BUSHBASH
LIVE:
J.COLUMBUS
ERA
MIKRIS
JUMANJI
平野太一
東金B¥PASS
DJ:
BUSHMIND
DJ HIGHSCHOOL
PHONEHEAD
CHIYORI
CHANG YUU
TAIKI (funktion)
出店:
RIVERSIDE READING CLUB
178 curry
PM5- 2000yen(+1d order)



WDsounds 2020

ARTIST : V.A. ( WDsounds ) 
TITLE : WDsounds 2020
品番 : WDSD0050   価格 : ¥1800 + TAX ( ¥1980 )
発売日 : 2021年4月16日
WDsoundsが2020年にデジタルのみでリリースしたタイトルをCD用にリマスタリング(エンジニアは得能 直也氏が担当 ) 。さらには2021年にシングルリリースしたHirano Taichiの楽曲のDEMO VERSIONを収録。FRONT アートワークはWACK WACKが担当。300枚限定。紙JKT仕様。


WDsounds 2020 TRACKLIST


NEW ME prod. GREEN ASSASIN DOLLAR / J.COLUMBUS
GOOD LIFE prod. DJ FRESH / J.COLUMBUS
https://lnk.to/NEWME_GOODLIFE
GAMES prod. DJ FRESH / J.COLUMBUS, AKIYAHEAD, 原島”ど真ん中”宙芳
https://lnk.to/GAMES
Ohh!!!… prod. DJ FRESH / MULBE, ILL-TEE
https://lnk.to/Ohh
R1 prod. DJ FRESH / MC KHAZZ
23 BREEZE prod. DJ FRESH / MC KHAZZ
https://linkco.re/1dYGfVym
SKINNY prod. LUCA VIALLI / febb
SKINNY ( NT DUB ) prod. LUCA VIALLI / febb
https://linkco.re/yThUyaap
ONLY GAWD JUDGE ME REMIX prod. DJ SCRATCH NICE / META FLOWER feat. ERA
https://lnk.to/OGJM_REMIX
Blinding Lights ( DEMO ) / Hirano Taichi
https://linkco.re/8cfb4ea3
*** Hirano Taichiの楽曲はデジタルリリースされたものとはversion違いのものになります。どこが違うかも楽しんでいただきたいです。

お取り扱いは
WDwebstore
トラスムンド
BUSHBASH
EBBTIDE RECORDS
タラウマラ
RECORD SHOP DIG DIG
WENOD
LAED BACK
FULL COUNT WORKS
DARAHA BEATS
TROOP RECORDS
BACKWOODS BOROUGH
BANGUARD
BITTER DARTS
OCTBASS
TRIBECA

等になります
現在在庫少量のみレーベルにありますので、取り扱い希望の店舗はinfo@wdsounds.comまで連絡いただければ嬉しいです。

MULBE “DO ORIGINOO feat. 仙人掌” KOYANMUSIC REMIX

MULBE “DO ORIGINOO feat. 仙人掌” KOYANMUSIC REMIX
https://p-vine.lnk.to/Y5BiRu

2020年末にクラッシックファーストアルバム「FAST&SLOW」をリリースした広島/東京の誇るAUTHENTIC RAPPERの代表 MULBE。
2021年のシーンを揺らすBOMBの一発目はファーストアルバ
ム収録のMONJU/DOGEAR RECORDSより仙人掌をゲストに迎えた「DO ORIGINOO」のSD JUNKSTAのメンバーであり、HIP HOPからその音楽の水平線を広げていくKOYANMUSIC REMIX。コンクリートの深海に浮かぶ音とラップ。
伸びやかに切り刻むように進む一つ一つのORIGINOO。
MIX&MASTERINGもKOYANMUSICが手掛け、
原曲とは聴き方の位置が確実に違うREMIX。

”FAST&SLOW”収録のオリジナルREMIXとも是非とも聴き比べてそれぞれのスタイルをTASTE IT してください。

https://smarturl.it/MULBE_FastAndSlow
MULBE MOVE STORE
https://movestore.thebase.in
MULBE20214月のライヴスケジュールは下記になります。


4/10(sat) BLAQLIST at. THE BRIDGE YOKOHAMA(横浜)
4/23(fri) SIDE CONNECTION at. 周南RA(山口)
4/24(sat) HE LIVING at. AGIT(広島)

04.11 NEW DECADEのお知らせ

2021年4月11日に久しぶりのNEW DECADEを中目黒SOLFAにて開催させていただきます。
現在もまだまだコロナウィルスの感染は深刻な脅威をもたらしています。感染が拡大しないよう最大限の対策と注意をさせていただきまして、当日はイベントを開催させていただきます。
都の時短要請の関係で、当日は15:00 OPEN 21:00 CLOSE ( 20:00でドリンクはラストオーダー)となっております。アルコール消毒、検温、マスクの着用といった基本的な対策ももちろんとらせていただきます。また、入場人数も制限しての開催となりますので、当日の入場も対応いたしますが、予約でのご利用をいただければ、スムーズにご入場できます。また、人数が規定に達しましたら入場をお断りさせていただきますので、是非とも
info@wdsounds.com
までご予約の連絡をください。
イベントを開催するのを考えましたが、今、やるべきイベントだと感じた時にNEW DECADEとしてやろうと思い、開催するイベントです。みなさんの顔を見れるのを楽しみにしております。

4.11 NEW DECADE at 中目黒SOLFA
LIVE
ERA & DJ HIGHSCHOOL
J.COLUMBUS
JUMANJI 
LSBOYZ
BIG FAF
仙人掌


DJ
DJ HOLIDAY
BUSHMIND
DJ HIGHSCHOOL
PHONEHEAD
THE TORCHES
Ten


OPEN&START 15:00  CLOSE 21:00
BAR CLOSE : 20:00
ENTRANCE ¥2500 + 1DRINK
NEW DECADE タイムテーブル


15:00 – 16:00   DJ HOLIDAY ( BAR ) 
16:00 – 17:00   BUSHMIND ( STAGE ) / 16:00 – 17:00 ten ( BAR ) 
17:00 – 17:20   BIG FAF ( LIVE ) 
17:20 – 17:40   JUMANJI ( LIVE ) 
17:40 – 18:00   J.COLUMBUS ( LIVE ) 
18:00 – 19:00  PHONEHEAD ( STAGE )    / 18:00 – 19:30 THE TORCHES ( BAR ) 
19:00 – 19:25   LSBOYZ ( LIVE ) 
19:25 – 19:40   仙人掌 ( LIVE ) 
19:40 – 20:10   ERA ( LIVE ) 
20:10 – 21:00  DJ HIGHSCHOOL ( BAR ) 

A-THUG feat. JNKMN “HIGHWAY” prod. TOFUBEATS

A-THUG feat. JNKMN “HIGHWAY” prod. TOFUBEATS
https://linkco.re/BPr8nnxX
MIXED BY TOFUBEATS
MASTERED BY NAOYA TOKUNOU
ARTWORK BY WANDERMAN
RELEASED BY ADORNO PROJECT

2021年ハイスピードで進んで行く世界をそれぞれの感覚で突き抜けて行く、ダンスフロアから高速道路へとビートがラップが突き進み広がって行く。TOFUBEATSのビートにA-THUGのラップ、この組み合わせは誰もが聴きたかったはず。さらにはJNKMNもこのHIGHWAYにはいる。向かう先はたくさんある。これは可能性しかない音楽。爆音で飛ばそう。

LSBOYZ ” SKIMASK ” OFFICIAL MUSIC VIDEO

LSBOYZ / SKIMASK ( Official Video ) が公開になりました

2020年末に1stアルバム「LSBOYZ」をリリースして何かを確実に変えたLSBOYZがアルバムから、DJ SCRATCH NICEのビートの上にpeedog Young Cee, ARASHIがラップする。 彼らの日常と強い意志がスピットされ、3者3様のパンチラインが落とされた「SKIMASK」のMUSIC VIDEOを公開。どこかノスタルジックでそれでいて圧倒的に現在進行形のLSBOYZの姿を網膜に焼き付けてください。
LSBOYZ “LSBOYZ” AVAILABLE ON STREET https://lnk.to/LSBOYZ

LSBOYZとは1992年-95年生まれで構成されるLONG SLEEP BOYZの略称である。
メンバーはリーダーであり創設者のYOUNG CEE。
服役経験からなるリリックは、ストリートにおける愛と理不尽な様がリアルに描く。仲間を愛し、ド派手に遊ぶ彼のことを愛するプレイヤーは多い。2020年10月にビートメーカーALTOと「INNER PEPPER EP」(ZEUS、DIRTY JOINTがゲスト参加)をリリース予定。
ラップスキルでは随一と言われ、GLOWORMのメンバーでもあるARASHI。
センスの光るリリックで生活を描写する様は圧倒的だが、生活はだらしなく才能をラップに振り切ってしまったプレイヤーであることも事実。ラッパーが天職なのだろう。
10代からストリートとステージで経験を重ねてきたpeedog。
RkemishiとのグループFAT SLIDEのメンバーであり、VISIONで740人を集客したパーティー「o.w.n」(owlsのリリースパーティー)主催者でもある。
ラップバトルでの優勝経験も数多く、辛辣かつストリートナーレッジをリリックと通好みの表現は聴くものを頷かせる。2016年FAT SLIDE「UNEARTH」(Young Juju、fynが参加)以来の彼の公式音源を待つ声は多い。
ネオハードコアを体現するMassproduction Killer Store(量産型殺人機販売店)のフロントマンcoco。
尖ったルックスとスタイルで街の注目を集めるYOUTH。パンクスやハードコアを感じさせるエネルギーは街と時代を活性化させる。Massproduction Killer Storeとして2020年8月にddddd EPをリリース。揮発性の高い男である。
詩的で心を抉り取るような表現が印象的な彫刻家でありラッパー、現役藝術大学大学院生であるMeta Flower。
ハードコア、ヒップホップの壁もトラップとブーンバップの壁も大胆に繊細に乗り繋いでいく姿は見るものに快感を与える。新井優作と粗悪beatsと共に2020年2月にリリースしたDADA EPは各方面を騒がせた。
こんなキャラクターが揃ったら最高のものが出来上がるか、遊びすぎて何も出来ないかだ。2020年も終わりが見えてきた頃、LSBOYZはUNDERGROUNDの文化を守るべくアルバムをリリースする。
アルバムはALTO、febb、FITZ AMBRO$E、DJ SCRATCH NICEがトラックを提供。フューチャリングゲストにはERA、B.D.が参加。
何かの変わる瞬間をみんな見たいはず。

META FLOWER feat. BES “FLOW” prod. febb OUT ON STREET

META FLOWER feat. BES “FLOW” prod. febb https://linkco.re/pQBTxVdH
LSBOYZとしてのアルバムをリリースし、その愛と誇りにあふれるスポークンワードスタイルで人々の心を突き刺したMETA FLOWER。故 febbのWDsounds秘蔵のトラックの上で夢と愛そして現実にあふれる大切な日々と人たちを紡いでいく、そのフローは東京の世界に誇るマスターオブフロー、BESへと繋がり、世界を広げていく。儚くも力強い華がアスファルトの中から咲いている、横には吸い殻と空き缶が転がっている。少しの休憩のあと私たちはまた歩いていく。
2021年3月19日 WDsoundsよりデジタルリリースとなる「FLOW」は人生への愛が詰まっている



Meta Flower from LSBOYZ
2020年2月 DADA EP
2020年12月 LSBOYZ ALBUM


彫刻とラッパーという2つの表現方法を持っている。
真実を羅列しリスナーにメッセージを打つけるSPOKEN WORDスタイル。
イスラエル、パレスチナなど
紛争地帯に自ら足を運んで現地での音楽制作をするという、
『事実やノンフィクション』に基づいて制作をしている。
彫刻では言葉にならない『存在』というものを模索している。

SWANKY SWIPE / SCARSとしての活動でも知られ、SCARS『THE ALBUM』(06年)、SWANKY SWIPE『Bunks Marmalade』(06年)、ファースト・ソロ・アルバム『REBUILD』(08年)といった日本語ラップ・クラシックな作品を次々とリリース。2007年にはULTIMATE MC BATTLE – GRAND CHAMPIONSHIPに出場して準優勝を果たし、その実力をシーン内外に強くアピールして人気/評価を不動のものに。
少しのブランクを経て2012年には自身のかかわった楽曲に新曲/フリースタイルを加えたミックス・シリーズ『BES ILL LOUNGE: THE MIX』をリリースして完全復活を果たし、以降は自己名義の作品のリリースのみならずISSUGIとのコラボレーションでも『VIRIDIAN SHOOT』、『Purple Ability』と2枚のアルバムをリリース。さらに近年ではSCARSとしても再始動するなど、活発な活動を続けているシーン最高峰のラッパー。2020年11月には盟友I-DeAとのジョイントで『BES ILL LOUNGE Part 3 – Mixed by I-DeA』をリリース。
こちらの作品は WDsoundsとADORONO PROJECTの共同企画でリリースしております。ADORONO PROJECTのアプリ内では曲に関する突っ込んだ対談やinterviewコンテンツに触れることが出来ますので、こちらも合わせてCHECKしていただければ幸いです。


ADORNO app link URL
https://apps.apple.com/jp/app/adorno/id1535083551


プレスリリース
https://www.keio.ac.jp/ja/press-releases/2020/12/4/28-76691/

Hirano Taichi  “Blinding Lights”   https://linkco.re/8cfb4ea3
febb “SKINNY”  https://linkco.re/yThUyaap
MC KHAZZ “23BREEZE / R1”https://linkco.re/1dYGfVym