KILLah BEEN 3rd ALBUM “音儀”


 KILLah BEEN “音儀”
https://lnk.to/Ongi
発売日: 2020年10月28日
レーベル名: APOLLO-REC PRODUCTIONS
品番: APLR-010
価格: ¥2.800 + 税






ALIVE prod. D.I.K   cuts. DJ BEHARD
PROOF prod. DJ琥珀 & LORD 8ERZ 
蜘蛛斬り feat. BUZZ & KILLA EAT prod. BELL FLIP
LCG48 prod. JUCO
CRISP prod. alled   cuts. DJ TRIPPiN’
ANSWERS prod. D.I.K
SHADOW prod. BUGSEED
BUM ( INTERLUDE )   prod. FZA
SIGN prod. FLASH PISTON
DADAH feat. COBA5000 prod. 7SEEDS
DAGGAH prod. RUFF   cuts. RUFF
LEAKIN’ prod. DOPEY   cuts. DOPEY


<REVIEW > 
KILLah BEENの三作品目がいよいよ世に出る。五年ぶりの作品と聞いて色々思いが溢れてきた。十数年前、Nasは落ちぶれたシーンを憂いて「ヒップホップは死んだ」と言い放った。彼は「どれも同じに聴こえる/皆商業主義に走ってる」と言った。背景には右へ倣えで流行りのサウンドを模倣する状況があった。さて、日本のヒップホップはどうか。私から見ればいまの日本にも同じ言葉が当て嵌まるように思えて仕方がない。似通ったサウンド一辺倒の日本のヒップホップはいま正に瀕死状態にあると言っていい。言葉尻を捕らえる競技ばかりに注目が注がれ、転売屋の如くカルチャーには愛情が注がれない。その証拠に「音」と「言葉」と「背景」の三拍子揃った総合芸術は殆ど姿を消してしまった。そこに目を覚ませと言わんばかりのカウンターパンチを食らわすのが、アングラ番長ことKILLah BEENであり、アルバム『音儀』である。音を聴けば彼がビート選びにおいて並外れたこだわりを持つことが分かる。おそらくそれは彼が心底音楽を愛して止まないDiggerであることに起因する。ただし勘違いしないで欲しい。KILLah BEENの創意に富む音楽は懐古主義者たちが集う為にあるのではない。現状を打破し、新たな未来で再会する為である。どこまでも先へ突き進んで行けるようなサウンドを堪能しながらリリックを追って行くと、見ている景色が変わる。思いが結集し、目頭が熱くなる※。KILLah BEENの作品にはそういう力がある。
※KILLah BEEN自身が十年以上ぶりにビートを作成したという、#08のInterludeを是非聴いてみてください。


 – SIRCORE






3RDアルバム「音儀」はKILLah BEEN個としてのパーソナルな世界観と強固な意思を最も感じさせる作品だと思う。
鉄壁のサウンドプロダクションと研ぎ澄まされたRAPスキルによる言葉の連射。
HIPHOPの核となる、芯を捉えて離さない音楽の姿がここにはある。
KILLah BEENのあらゆる音楽に対する造詣の深さとバランスセンスで、本質を射抜く高濃度の音楽としても提示された作品である。
究極のHIPHOPであり、MUSIC。
KILLah BEENという音楽を通過儀礼することが皆さんにとっての「音儀」となることを切に願います。


 – 浜崎(TRASMUNDO)

WDsounds 「WISDOM」at HENRY HAUZ OCT27 – NOV1

WDsoundsで10月27日より11月1日まで、HENRY HAUZ ( 東京都目黒区駒場1-16-12-3F ) にてGALLERY / SHOP「WISDOM」をやらせていただきます。WDsoundsのリリースタイトルの原画の展示と今回の「WISDOM」のために、JELLY FLASH、KEMMY、SECT、SOTZ、WACK WACKに作っていただいた作品の展示(こちらは販売しているものもあります。)。SEMINISHUKEIによる膨大なアーカイブの展示。
SHOPとしては、STRUGGLE FOR PRIDEと作らせていただいたMERCANDISE、DMBproduction / WDsoundsのT-SHIRTS、FEEVERBUGとKTYLと共に作らせていただいたGOODS、リソグラフ、KIRIMEと作らせていただいたT-SHIRTS / CAP、WANDERMANと作らせていただいたCREWNECK SWEAT、STS BAGSに別注して作ったレコードも入るPAPERBAG、WACK WACKと作らせていただいたポスターを販売させていただいております。他にもそれぞれに持ち寄っていただいた商品もありますし、BIRLに持ってきていただいた素材にこだわった小物類も販売しております。RIVERSIDE READING CLUB / FEEVER BUGによる極上のチョイスの本も販売させていただいております。
会期中には10月29日には CENJUが居酒屋を開いていたり、30日にはSEMINISHUKEIのTALK SHOW ( 17:00 – 19:00 )、11月1日には岡村匡洋 ( HI-LIBERATE / ex-LOW VISION ) のTALK SHOW ( 17:00 – 19:00 )も行います。また、会期中はxtothexxによる秘蔵のライヴ映像も上映しております。
換気等安全面に気をつけて開催させていただきますので、マスク着用の上足をお運びいただければ嬉しく思います。




WDsounds 「WISDOM」
会期 : 2020年10月27日 – 11月1日 14:00 – 19:00
場所 : HENRY HAUZ
東京都目黒区駒場1-16-12-3F

10.11 SUN 「SUNDAY / STORM」at下北沢

10/11 「SUNDAY / STORM」
@下北沢LIVEHOUSE


LIVE : 
ISSAC from ROCAKASEN
JUMANJI
Hirano Taichi


LIVE & DJ : 
MEJIRO ST. BOYZ ( PHONEHEAD & J.COLUMBUS ) 


DJ : 
DJ HOLIDAY
BUSHMIND

OPEN 17:00 ENTRANCE ¥2000 
チケット予約は info@wdsounds.comもしくはTWITTER / INSTAGRAMのDMにて
ご予約をいただかなくてもご入場いただけますが、入場の際にお名前と連絡先をいただく都合上、ご予約いただいた方がスムーズに入場できます。


LIVEHAUSの感染症対策に関しては下記をご参照ください。


来場人数の制限
最大50名まで
(収容人数の40%)
※来場人数の制限については、新型コロナウイルス感染症対策専門家会議からガイドラインの作成依頼を受けたライブハウスコミッションによる『ライブホール、ライブハウスにおける 新型コロナウイルス感染拡大予防ガイドライン』を参照しております。 


来場者の特定
メール予約・来場時の記入により、公演ごとに来場者の氏名及び連絡先を把握致します。また、来場者に対して、必要に応じて保健所等の公的機関へ情報提供され得ることを周知致します。


徹底したウイルス対策
・超高濃度光コーティング
天皇陛下が乗られるお召し列車へも導入している超高濃度光コーティングを店内全域へ採用致します。
光触媒とは、酸化チタンが光に当たることで、電気反応を起こし、有機物を分解する機能です。 有機物とは菌・ウイルス、有害化学物質などを指します。 第3者機関の試験で、光触媒によってさまざまなウイルスを分解することが実証されています。 インフルエンザウイルスが持つエンベロープの分解効果も認められており、同構造のCOVID-19への効果も期待されます。


・高性能除菌空気清浄機
換気の悪いホール内へ導入しているのが、高性能除菌空気清浄機です。ストリーマ放電という有害物質を分解、除去する技術を備え、空気清浄機内に取り込んだ有害物質を100,000℃の熱エネルギーに匹敵する酸化分解力で吸い込んだものを分解します。


・エアロシールド
同じくホール内に導入しているのが、医療施設に多く導入されている紫外線殺菌装置です。
天井面に紫外線の層をつくり、そこを通る空気を殺菌する空気感染対策用装置です。
紫外線の中でも高い殺菌効果を持つ「UV-C」ランプを使用しており、インフルエンザ、ノロウイルスなどのウイルス、結核菌などの細菌類、黒かびなどの真菌類にいたるまで、すべての菌に対して有効です。また紫外線が菌の核を直接死滅させるため、耐性菌が出てこないのも大きなメリットです。空調や人の出入りなど屋内で起こる空気の自然対流を利用して、空間全体の浮遊菌に1年を通して優れた効果を発揮します。


・ライブの転換毎に、業務用の大型サーキュレーターにて換気を行います。


体温チェック
非接触式電子温度計にて、スタッフ、出演者、お客様へ体温チェックを行います。来場前の検温の実施の要請のほか、来場を控えてもらうケースを事前に周知致します。平熱以上の熱がある方、5日以内に平熱を超える発熱をされた方は来場を控えて頂きます。


BARカウンター/受付の対応
スタッフは、日に3度の体温チェックを行い、抗ウイルススプレーの徹底、飛沫防止フェイスカバー、医療用手袋の着用/交換を行います。
BARは、スタッフとの間に飛沫感染防止シートを貼ります。BARカウンターはキャッシュレス決済も可能です。
お客様入場時は、お金の受け渡しのあと除菌。主にアミノエリアというスプレーを使用したいと思います。大豆アミノ酸が主成分でノロウィルスやインフルエンザにも効果を発揮しています。


飛沫感染の防止
お客様にはマスクの着用をお願い致します。
息苦しいお客様には、フェイスシールドをお貸出し致します。
マスクを外しての会話はご遠慮願います。
出演者のマイクに関しては、特注の飛沫防止マイクシールドを使用致します。
ライブで使用するマイクのグリルボールですが除菌スプレーはもちろん、殺菌線消毒保管庫を使用し、殺菌線の照射により殺菌を行います。


以上、当該ガイドラインは、今後、感染の動向や専門家の知見をもとに、適宜遅滞無く見直しを図っていきます。

MC KHAZZ 23 BREEZE / R1 リリース

MC KHAZZ “23BREEZE / R1” produced by DJ FRESHが本日より配信となります。
https://linkco.re/1dYGfVym

2020年9月25日に東海の誇るラッパー MC KHAZZのシングルを WDsoundsよりリリースさせていただきます。プロデューサーにDJ FRESHを迎え作り上げた東海BAY HIP HOPを感じてください。
 また、今回のプロジェクトはARORNO PROJECTとの共同企画としてリリースさせていただきます。ADORNO PROJECTを通しては作品の詳細に関しての解説を、作品の関連動画、ダブプレート、音源データの購入等ADORNO PROJECT限定のコンテンツもありますのでチェックしていただければうれしいです。
 今回のプロジェクトに関する動画も今後公開していきますので、よろしくお願いします。楽曲とその制作にまつわることをテーマを絞って対談形式で話させていただき、自分としてもすごく気づくことも多く面白いプロジェクトになっていくと思います。

Febb vs. Adams Camp – FLIPPED SHIT Digital Release

Febb vs. Adams Camp – FLIPPED SHIT
https://lnk.to/FLIPPED_SHIT
2011年にリリースされたfebbがHOODの先輩であるADAMS CAMPの曲をREMIXしたアルバム。当時はCD-Rで専門店のみでリリースされていた今作品がデジタルリリース。
インタビュー等で言われる最初にfebbのRAPを聴いたと言われる曲はこの最後に収録されている曲。クレジットされていないところも含めて100% HIP HOPな作品。

-当時のofficial review-
初めてfebbのtrackを聴いたのは’10 Gold Fingers Kitchen。barでcokeを楽しむ私はやけにbassが強いなと思い、丁度良いとおもった。そのあと、フロアにレコードを投げつける様は皆様の記 憶にも新しいと思う。一方、気にくわないメンバーはすぐにクビを言い渡すADAMS CAMP。Nether landsでいてBrooklyn。ADAMS CAMP「Enter the Vo.Ku.」から早三ヶ月。両者に一番近い人間として言わせれば彼らは、cheese、coke、XXL、Ducks、auction。東京と埼玉。オ ケとペラ。febbとADAMS。about 30 min。彼らの作品が世に出るってことは息子に嫁が来るようなもんだ。煙たいなんて人は言うけど、空はとても晴れてる


TRACK LIST :
1. FLIPintro
2. Enter the Vo.Ku.
3. Adams anthem
4. Tripdope
5. skit
6. Stay cold
7. harmageddon
8. outro
9. We got

YUKSTA-ILL”BANNED FROM FLAG EP2″ 2020.08.26

6/6に「BANNED FROM FLAG」をデジタルリリース、現在の混沌とした世界に向けてWORDをボムしたYUKSTA-ILLが、8/26に「BANNED FROM FLAG」に3曲追加した「BANNED FROM FLAG EP2」をCDでリリースする。今作品はNYより引き続きDJ SCRATCH NICEによるトラックに加えて、GRADIS NICEもトラックを提供している。
YUKSTA-ILLから今回の作品へのメッセージも届いております。


「緊急事態宣言発令で世の中が揺れた4月、そのタイミングで予定されていたライブ、イベントも軒並み延期・中止になってしまいました。
自身も一度立ち止まりRAPPERとして一体今何が出来るかを考えていた最中、水面下でNYC在住DJ SCRATCH NICEとGRADIS NICEのそれぞれのBEAT集が届きました。
その中から厳選した良質なBEATの上にこの思いを詰め込もうと決めてから約3ヶ月、世界の動きを静観・注視しながら制作に没頭しました。
結果、生きている内に直面する事になるとは誰もが想像していなかったこの事態(時代)のテーマソングを6曲用意する事に成功しました。聴いて色々感じてくれたら幸いです。」


YUKSTA-ILL / BANNED FROM FLAG EP2 CD
品番:rcsrc−022
定価:¥2000 + 税
Release: 2020.8.26


未曾有の事態の中、HIP HOPは希望になり得る。RCメイドのSILVER BULLETは時代を駆け抜けていく。
NYCで生活するDJ SCRATCH NICEとGRADIS NICEの弾き出すビートは断絶された世界を飛び越えていく。東京を経由してRCSのYUKSTA-ILLの耳元に届く。着弾の煌めきと狼煙は新たなLIFEの始まりを告げる。平常ではない世情であればあるほど、思考やペンは休むことなく動き続ける。スタジオやヘッドフォンの中で鳴る音楽は開放の時を待っている。誰もが経験する 今 をYUKSTA-ILLは新鮮かつ特有の視点で切り開いて行く。スピットを続けることで新たな価値を創造する。息が詰まりそうな世界の中でもエゴは必要だ。共存を諒解した上でのエゴ。そして機転と気の効いたWORD PLAY。シンプルだけど大切なこと。このEPは聴く者の経験値を高めてくれる。

<YUKSTA-ILL>
MOTOR CIRCUIT CITY 鈴鹿在住。近所の四日市、仲間が多く集まる名古屋によく出没。B-ZIK/TYRANT/RC
SLUM所属のRAPPER。同世代のコレクティヴ「1982S」にも名を連ねる。バトルMCとして名を馳せる(UMB愛知07年、09年優勝等)も早々に身を引き、表現者としての道を邁進。これまでに3枚のフルアルバムを含む自身名義のプロジェクトを多数発表。他にも無数の客演に参加。常に作品を世に送り出し続けている。
そしてこの度『BANNED FROM FLAG 2 EP』をRC SLUMよりリリース。DJ SCRATCH NICEとGRADIS
NICEがビートを担当し、TYRANTの盟友であるHIRAGENがゲストで参加。

J.COLUMBUS, AKIYAHEAD, 原島 “ど真ん中” 宙芳 “GAMES” MUSIC VIDEO

5/31にリリース致しました
 J.COLUMBUS, AKIYAHEAD, 原島 “ど真ん中” 宙芳 “GAMES” produced by DJ FRESH THE WORLD FRESHESTによる楽曲 “GAMES” のMUSIC VIDEOがSPACE SHOWER TV “BLACK FILE” のアカウントより公開になりました。YAMAMOTO IKUO監督によるぶっちぎりまくりのMUSIC VIDEOを是非お楽しみください。


ARTIST : J.COLUMBUS, AKIYAHEAD, & 原島 “ど真ん中” 原島 “ど真ん中” 宙芳 ( ジェイ コロンブス, アキヤヘッド, アンド ハラシマ ドマンナカ ミチヨシ ) 
TITLE : GAMES ( ゲームス )
RELEASE DATA : 2020年5月31日
LABEL : WDsounds / REFUGEE MARKET
https://lnk.to/GAMES

2020.07.23 MASS-HOLE “DOZE” MIX CD OUT

MASS-HOLE
DOZE MIX CD
2020.07.23
¥1500 ( Within TAX ) 



「DOZE」。止まることのなく進んでいく世界や時間を絶対的に感じる中でも、まどろんだ瞬間が存在していると思う。耽美で気怠くてとても尊い瞬間。一人でいる時がより一人でいるように感じる瞬間。群衆がスローモーションに感じるような瞬間。MASS-HOLEの手によって紡がれていくR&BとHIP HOPを中心としたこ楽曲はそんな瞬間に流れていたし、これから流れるMUZIKだと思う。内側に向かって世界が開いていくような感覚。「MELLOW」だけどただの「MELLOW」じゃない。それを「DOZE」と我々は呼んでいる。
 MASS-HOLEが数年ぶりにリリースする「DOZE」MIXの第二弾がWDsoundsより7/23にリリースになる。

取り扱い店舗
トラスムンド
ADOOM
BANGUARD
BITTER DARTS
DARAHA BEATS
EBBTIDE RECORDS
WDwebstore
MIDNIGHT MEAL ( MIDNIGHT DELI )
TRIBECA
BUSHBASH
DISK UNION
JETSET RECORDS
CASTELE RECORDS
RECORD SHOP DIG DIG
WENOD