Shoko & The Akilla ” かなしいうわさ ” リリース

湘南出身のShoko(Vo)とAkilla(Gt)によるデュオSHOKO AND THE AKILLAが、小西康陽が作詞作曲を手がけたスクーターズの楽曲「かなしいうわさ」をカバー。このアイデアはプロデューサーである今里 ( STRUGGLE FOR PRIDE / 不死身亭一門 / LPS ) からの提案によるもの。夜の街の音楽が鳴り響く。もう一度音楽の素晴らしさを感じさせてくれるルードチューン。MIX, MASTERINGはNAOYA TOKUNOUが手掛けた。
Shoko & The Akilla “かなしいうわさ”


=================

2016年10月に結成した湘南出身のShoko(Vo)とAkilla(Gt)によるデュオ。それぞれが幼い頃から音楽好きな両親や兄妹の影響を受けて、ブルースやスカ、レゲエ、ソウルなどのブラックミュージックに親しむ。2018年10月、初の音源となる2枚の7inch 、『Country Road』 と 『憧れの場所』 をリリースし、瞬く間に完売。2020年3月、自身のレーベル『PAPILLON』を立ち上げ、オリジナル楽曲『側にいれば』を先行シングルとして7inchと配信でリリース、同年8月に待望のファースト・アルバム『Shoko & The Akilla』をリリースした。https://instabio.cc/ShokoAkilla=================