Kapsoul & 仙人掌『GaryPayton』

 "今は練馬が住所" 東京の仙人掌とLA在住のKAPSOULによる「GRAY PAYTON」のMUSIC VIDEOが11月26日DOGEAR RECORDSの16TH ANNIVERSARYが行われた日に公開になっている。WANDERMANがJKTを手がけたシングルの配信はこれからということで、現在はMUSIC VIDEOでのみCHECKすることができる。MVで臨めるLOS ANGELSのBIG CITY LIGHTと東京の街の言葉はただただ力強さを与えてくれる。みた瞬間「でかい!!」って素直に感嘆してしまう。
 KAPSOULさんは以前中野HEAVY SICKでB.D.が紹介してくれた。何か話が続いていくような気がしていた。仙人掌からHEAVY SICKで「BE IN ONE'S ELEMENT」のCDをもらって、「これ、今一番聴きたかった音源です。ありがとう!」って言ったのを思い出した。
 自分の中でこの話をした後に、どうしてもこの楽曲を紹介したくなってしまった。PRESS ON AHEADの ETERNAL TONE。このビデオを見た時も「でかい!!」と感嘆の声が出た。それはヴォーカルの体とかではなく、想いが広がっていく世界のデカさというか。誤魔化さず真っ直ぐに生きて行こう。なんだかそう思わせてくれるものに立て続けに出会えて良かった。こちらの映像の監督は仙人掌の「SHOW OFF」も手掛けてるBiV。仙人掌のシングルカバーや曲中で着用しているJKTもBiVで現在は、GAMECLOTHINGとのWネームのものが入手できる。GAMECLOTHINGのケンゴは、盛岡でBITE THE BULLETとWIZ OWN BLISSで一緒にやった時に出会って以來何か膨らみながら世界を広げて見せてくれるビッグマンだ。