RRCBB RIVERSIDE READING CLUB BUSH BASH Aug 17th

さっき、S.A.コスビー「黒き荒野の果て」を読了した。夜中に一番ページが進んだ。昨晩もう読み切れるんだけれど、タバコを吸おうとしたら蝉が入ってきてしまったし、REGULATEを口ずさみたかったので日差しのまだ強い時間に読了したのかもしれない後付で思いました。明日の小岩BUSHBASHで行われるRRCの定例会と繋がっている部分が自分の中にはあるのだからあるのかもしれない。「死んでないもの」や『往復書簡 ひとりになること 花をおくるよ』と併読してなぜこの本を選んでしまったのか、ということをこの文章を書き始めて考えました。そういう話もしたいので、明日TALKにぶち込んでいただいても大丈夫ですし、自分はそれ以外はずっとRRCのみなさまと選曲をしてますので、DJブース辺りでお話できれば嬉しく思います。自分の思い込みの話を交換できれば!と。
恐らくですがRRCから来場者様にSUMMER GIFTもお渡しできると思います。
RIVERSIDE READING CLUB -“…AND LONG LIFE” edition-
at BUSHBASH
2022.8/17(wed) start 19:00 ENTRANCE ¥1000+1DRINK
DJ: COTTON DOPE B2B RRCBB SELECTERS
TALK: RIVERSIDE READING CLUB
SHOP: TRASMUNDO RIVERSIDE READING CLUB …and MORE
SWEETS: めぐだお
今月の課題図書: 滝口悠生『死んでいない者』 TALKは20:30からを予定しています




IITIGHT MUSIC presents J.COLUMBUS & ILL-TEE & DJDEEQUITE “TRIANGLE POPUP 2022”Supported by DMB PRODUCTION

光栄なことにかなり良い感じでCD、T-SHIRTSともに動いている模様です。良くCDの販売は今後は?と聞かれますが、こちらは2TIGHT ONLYになります。自分の手元にも一切ありませんのでお店で是非。POP UP初日に3枚、KEMMY君に相談しながら3枚G-RAPを買いました。それだけで最高の話と自分は思ってしまうタイプですが、内容も最高にキテました。この辺りは今度始めるコラムでも書かせていただこうかと思ってます。前置きは以上。8月21日にII TIGHT MUSIC SHIBUYAにてインストアライヴがあります。DEEQUITE氏はもちろん、最近新たなNIGHT&BAYをリリースしたTEE-$HORT氏のDJもあるとのこと。渋谷で15:00。お願いします。

II TIGHT MUSICはめちゃくちゃラフに追求している人達だと思う。BATTLE CATのあの感動的なホテルでの会話、(あれは村山さんのBLOGで読んだのかな)、そんなに自分はたくさん遊びに行ったことがないんだけれどいつも暖かく迎え入れてくれて、そこにはたくさんの自分が触れたことがないGANGSTA RAPのCDが積み重ねられている。機会がそこにあること、そして機会の方からこちらによってきてくれることはすごく特別なことだと思う。渋谷のII TIGHTで打ち合わせしていると、様々なお客さんがDEEQUITEと会話をしながらCDやレコードを買って行く。そんな場所で、DMBproductionの全面サポートにより限定の作品がリリースされPOP UPが開催されます。TRIANGLE。DEEQUITEの作るトラックは悶絶できる。今日からの2週間が何かの機会になれば嬉しく思います。場所は渋谷のあのビル。SAM’Sも入ってたし、電話で注文する喫茶店が入ってたあのビル。今もラフに深すぎる世界への扉は開いてる。なんかうずうずしてきて、一枚のレコードを買いに行ったあの夏を今本当に思い出してしまいました。

IITIGHT MUSIC presents
J.COLUMBUS & ILL-TEE & DJDEEQUITE
“TRIANGLE POPUP 2022”
Supported by DMB PRODUCTION


日時:8月15日~8月28日
※2週間期間限定開催
8月21日の夕方にはインストアLIVEもアリ!!!


場所:IITIGHT MUSIC SHIBUYA
渋谷区宇田川町35-4-5F
営業時間:13:00~22:00
※木曜定休
※8.17は臨時休業


POPUP限定商品
A) TRIANGLE THE EP [CD] (¥2,200)
B) TRIANGLE T-SHIRT (¥7,700)


IITIGHT MUSIC CEOの2FLYとDMB PRODUCTIONのMR. KEMMYのたわいもない会話から新たな作品が産まれた。KEMMY氏の盟友ラッパーJ.COLUMBUSとILL-TEEが全曲DJ DEEQUITEビートにRAPという息吹を吹き込んだ。三者の世界観が入り乱れる様はまさに三角関係(トライアングル)。今回新たに製作された未発表音源全4曲がPOPUP期間限定・会場限定でCDというフォーマットにフィジカル化された。また、TRIANGLE THE EPの発売を記念して作成されたTRIANGLE TEEもまた同じくリミテッドなのだ。また8月21日には入場無料のインストアLIVEも決行。この限定縛りのレア化必須アイテムをお見逃しなく。

J.COLUMBUSプロフィール
CJ&JC, MEJIRO ST. BOYZ, PAYBACK BOYS, RIVERSIDE READING CLUB, FUT, LPS。WDsoundsのファウンダー。NORTH TOKYOのどこかに存在している。一貫した美学でフラットにアウトプットを続けるそのラップは「街が言葉を吐いている」と表現される。


ILL-TEEプロフィール
1981S。MEDULLA / MIDNIGHT MEAL/ INGLORIOUS BASTARDS所属のラッパー。HARD CORE BAND、ROCKCRIMAZのヴォーカル。TEE-SHORTと名乗るHOME BOYがBAY AREAから週に三日は電話をかけてくるらしい。


DJ DEEQUITEプロフィール
4YO RIDE, LAX, BIGGTIME, Midnightなど多数のMIXCDシリーズを抱え、累計100作以上のMIXをフィジカルでリリース。またDJだけでなくビートメイカー・TALKBOXプレイヤー・プロデューサーとしても活動し、自身名義の楽曲も多数リリースしているマルチプレイヤーである。