Meta Flower “ANDROMEDA” DIGITAL RELEASE & MUSIC VIDEO

3.30 1st SINGLE『ANDROMEDA』Release ▼Stream & Download https://umj.lnk.to/MetaFlower_Andromeda

Meta Flowerのメジャーデビュー作となるシングル「Amdromeda」が本日より+81 MUSICよりリリースになりました。合わせてPhenext制作のMUSIC VIDEOも公開となっております。トラックはIRONSTONE作曲、ATSUKI編曲で制作いたしました。REC, MIX, MASTERINGはMUROZO ( CRYSTAL SOUND ) に手がけていただきました。
おそらく日本のHIP HOP史上初かもしれないDOLBY ATMOSで聴けます!!
JKTのアートワークはTOKI ( https://www.tokitokitoki.com ) のお二方に撮影していただきました。自身の作る彫刻と共に「Andromeda」の世界がぎゅっと広がったと思います。
洋服はCARHARTT WIPにサポートいただいたJKTでMeta Flowerの新しい色をみせることができたと思います。Meta Flowerにとっての新たなスタートに祝福を。
4/2に渋谷CLUB ASIAでライヴもありますので是非。Meta Flowerにしか出来ない提示を受け止めていただければ幸いです。
< META FLOWER >
1994年生まれ。藤沢市出身。
彫刻家として表現をする中で、バックグラウンドにラッパーとしての存在があるのが面白いとひらめき2017年よりラップを始める。
バイトで広大な床に花の絵を描いていて倒れた時に「META FLOWER」という名前を思いついた。
二つの表現方法を持つことは、オーバーグラウンドとアンダーグラウンドの行き来するのに大きな力を持つ。目の前にある真実を表裏だけでなくあらゆる角度からその存在を模索し提示していく。
スポークンワードで叩きつけるそのスタイルは強さと弱さ、硬さと儚さ、希望と絶望、夢のカケラとへその緒が混ざり合ったような異形の美しさで、人種、ジェンダー、国境、地下と地上… あらゆる場所から人々を惹きつけている。
「子供たちのために無償の美術学校を建ててやりたい」
ラップで、彫刻で夢を形作っていく。
 
 2017年にライヴ活動から始まり、デモ作品「MATERIAL」をリリース。2019年にはイスラエル、パレスチナを旅した”救う”盟友、愛染の「BlueTrust-Feltover」に参加、川崎のJunior Hsusのアルバムへの参加とその歩みを形にしていく。同年リリースした「DOOM FRIEND」は静かな熱狂を持って迎えられた。2020年に「DADA」EPをリリース。その名前とスタイルはアンダーグラウンドに浸透していく。GREEN ASSASIN DOLLARとrkemishiのグループowlsのアルバム「24K Purple Mist(Instrumentals)-after mist」に参加。2021年にはWDsoundsを主催するJ.COLUMBUSのEP「RUINS」に参加、そして同レーベルよりfebbのトラックにBESをfeat.した「FLOW」をリリース。剥き出しの現在から未来へと路を作りつづける。2022年に盟友PeedogのEP「GRAIL」( LSB / WDsounds ) に参加。人や街と共に研ぎ澄ました言葉はその意味を一つ一つ増やしながら3月にリリースされる「ANDROMEDA」へと繋がっていく。
 
 美術家として、ミュージックビデオやJKT、アーティスト写真と通して、TOKI、ELIZABETH G、等様々な作家と仕事をしている。一つ一つの奥まで伝わるようにYOUTUBEチャンネルを開設。


< LSBOYZ > 
 Young Cee、Peedog、Arashi、COCOと共にLSBOYZとしても活動。2020年末にB.D.、DJ SCRATCH NICE、ERA、FITZ AMBRO$E、GRADIS NICE等を迎えた1stアルバム「LSBOYZ」 ( LSB  /WDsounds ) をリリース。”何かが起きる瞬間”を感じさせる。2021年にはトラックを全てMIKIが手がけた「JADE」EP ( LSB ) をリリース。2022年の始まりに行われたリリースパーティーでは”何かが変わっていくこと”を立証した。


 < BIOGRAPHY : 彫刻 >
2020 東京藝術大学美術学部 彫刻科 学部卒業 
2022 東京藝術大学美術学部 彫刻科 修士卒業 
2020 「SHIBUYA STYLE vol.14」(西武渋谷店)[ʻ21] 
  公益財団法人KUMA 財団 4 期生(継続支援中)  
2021 「EYES SUNRISE REALIZE」(APARTMENT HOTEL SHINJUKU)  SICF22(スパイラル・東京) 
  WATOWA ART AWARD 「SHIBUYA STYLE 賞」
2022 東京藝術大学 修士課程 修了制作展 
「THE SELECTED vol.1」(WATOWA GALLERY・東京)


< BIOGRAPHY : 音楽 > 
2017   デモ「MATEREAL」
2019   愛染eyezen EP「BlueTrust-Feltover」参加
  Junior Hsus アルバム「Serpent Temptation-Santo Grial」参加
2020  EP「DADA」
  owls「24K Purple Mist(Instrumentals)-after mist」参加
    LSBOYZ 1stアルバム「LSBOYZ」
2021   J.COLUMBUS EP「RUINS-ALL GOOD」参加
シングル「FLOW feat. BES」
LSBOYZ x MIKI「Jade」リリース
2022  Peedog EP「GRAIL-shape」参加




< MUSIC VIDEO > 
2019 愛染&META FLOWER 「Feltove」 https://youtu.be/iq0DtiC1e48
META FLOWER 「DOOM FRIENDS」   https://youtu.be/63g2PG_MGP4
2020 META FLOWER 「DAMAGED PROJECT pt.2」 https://youtu.be/w6y4H99USZ4
META FLOWER「EYES SUNRISE REALIZE」 https://youtu.be/oAnNc67-r1I
META FLOWER「SUITCASE FLEXIN」 https://youtu.be/nQc_K1UY3Lc
2021 META FLOWER ( LSBOYZ )  feat. ERA「ONLY GAWD JUDGE ME」 https://youtu.be/8ZuduECfeD4
LSBOYZ x MIKI「BORDER/Gas to Music」 https://youtu.be/IW1ftswOpqA
2022 META FLOWER feat. BES「FLOW」 https://youtu.be/cH3UBZJSRSY
META FLOWER ( LSBOYZ )「DUTY LOVE FEAR LUST」 https://youtu.be/t1oZDGFfnVY


<INTERVIEW等>
ニート東京 https://youtu.be/adqCrMnSqGg
DEVOTE#003 https://youtu.be/WokHM6n0yxE

Peedog 1st “GRAIL” RELEASE

Peedog “GRAIL” 2022. 03.09 OUT
https://linkco.re/R7Z7ApMb


1. GRAIL prod. Cedar Law$
2. QUIQ feat. MUD prod. febb
3. P.R.O. feat. 018 prod. Cedar Law$
4. Platinum Place prod. febb
5. Shape feat. Meta Flower prod. MASS-HOLE

Mixed by YAB
Mastered by Naoya Tokunou
Artwork by Fisto the parlour

LSBOYZよりPeedogの1stが遂にリリースです。
数え切れないほどのPLANを燃やしながらGRAILへとたどり着いたんだと思う。
とにかくたくさんの人に聴いて欲しい。

それ言い過ぎですよって言われちゃうかもだけど、febbのTHE SEASONの正当後継者は出会いも含めてPeedogだと思っています。febbのトラックでMUDっていうのは最高の組み合わせだってわかってるよね。
CEDAR LAW$の現行US HIP HOPのビートとの組み合わせ。018とのHOODのつながりを意外な形で表現すること。
MASS-HOLEのビートにMETA FLOWERはずるいくらいのBOMB。

WDsoundsでこの作品のリリースに携われることを光栄に思います。

枯渇した状態を表す「GRAIL」というタイトルはPeedog
の繰り出すHIP HOPが街を潤わす。そんな彼の気概を感じさせてくれる。
LSBOYZとして、1st、MIKIとのコラボ作をリリース。
長くキャリアを持つPeedogがついに初めての単独作品をリリ
ース。MASS-HOLE, febb, CEDER LAW$という超弩級のHIP HOP BEAT MAKERのトラックの上で、
スキルフルでスリリングなストリートと地続きのラップを展開する
東京の街の音楽にふさわしい作品となっている。Meta Flower, MUD, 018というfeaturingの人選も彼ならではと言える。
オーセンティックを証明する確かなスキルとストリートでの歩み。
自らのHIP HOP感を確実にSHOTすべくPeedogは自分の魅せ方伝え
方をラップでデリバリーする。街が待っていた作品がつい流通に乗る。


PHOTO : TEPPIE HORI

MULBE 2nd album “LIFE GOES ON”

MULBEの2ndアルバムLIFE GOES ONが3月23日にリリースになる。制作の始まりから色々とお互いのことを話したり、ただ音楽聴きながらゆっくり遊んだり。どこかに遊びに行ったり。1stのころよりもまた一歩踏み込んで制作やLIFEのことを考えたと思う。何より、自分はこの作品に収録されている「I SEE」に何回も救われた。早く聴いて欲しい曲だったからリリースのニュースを伝えられのが嬉しくて仕方がない気持ちです。
とはいえ、制作の後半ではMIXの状況を共有確認していたので、今作に収録された曲の中でも日によって、繰り返し聴く曲は変わったりするし、今のお気に入りのTUNEはまた違ったりもする。( 自分のPCをふと見ると、昨日はMIDNIGHT NAVYをかなり気に入っていたみたい。)
挑戦的な曲も入ってるし、いつも通りだけど、いつも通り動けない中でいつも通りを更新している。LIFE GOES ONっていう言葉にまた一つ大切な意味を増やしたようなアルバムがリリースになる。リリースされてあの曲が好きなんだ?渋いねー。俺も。なんて話をしたいと思ってます。
僭越ながら自分もJ.COLUMBUSとして参加させていただいております。 SG THE KOOLESTのトラックにYUKSTA-ILLとMULBEと自分の曲なんて想像したことなかったし恐縮のメンバーですが最高にオリジナルなものを落とし込めたと思います。
LIFE GOES ON。なんだかすごく良い言葉だ。

1st ALBUM『FAST&SLOW』から1年。MULBEがHIP HOPの存在する理由を問い飛ばす。2nd ALBUM『LIFE GOES ON』が2022年3月23日にリリース。


長引く緊張感の中、MULBEは手を広げ、足を延ばし音を探す。音の中に潜り込み、言葉を探し続ける。 
多くの人の祝福の中リリースされた1st ALBUM『FAST&SLOW』。リリース後、LIVE/現場での活動が難しい状況下、MULBEの生活とそれが生み出してきたものを記す為にも、2nd ALBUMの制作を始めた。2021年夏にはN.E.Nとしての活動休止を宣言、新たなステージへとENTER。濃すぎるメンバー達と情報を共有し、少しでも先へと歩を進める。予測のつかない出来事にも重心を低く、足元の確認を怠らず、スタジオに現場に向かい仲間と共にベストを目指しセッションを続ける。 
daichi (Midnight Meal Records) によるアートワークがMULBEの新たな面を映し出す。(前作ではwackwack、前々作ではKACと、MULBEの作品は毎回アートワークにも注目だ。)
進化したZKAによるMIXINGとMASTERINGが、そのSOULを高い解像度で音にする。
HIP HOPが彼にとって必要な理由はHIP HOPが存在する理由でもある。ガラスを踏み鳴らし爆音で揺らす。この世界は続いていく。


Producerには1st ALBUMに続いてMASS-HOLE(Midnight Meal Records/WDsounds)、DJ SCRATCH NICE、NAGMATIC(DLIP RECORDS)、RUFFが参加し、2ndでは16FLIP(Dogear Records)、B.T.REO、LAF(PRIDE MONSTER FAMILIA)、SG THE KOOLEST、Tatwoine、呼煙魔、1Co.INRや意外なところでは熊井吾郎と新たなセッション。
客演にはISSUGI(MONJU/Dogear Records)、MIKRIS、鎮座DOPENESS、J.COLUMBUS(WDsounds)、YUKSTA-ILL(RC SLUM)、MASS-HOLE&Village O.GによるKINGPINZ、FREEZ(RAMB CAMP)が参加し、MULBEにしか実現出来ないメンバーとの大切な時間を一枚のALBUMに詰め込んだ。
細部へのこだわりとでかいノリ。野暮なことはなし。つまりAUTHENTICなHIP HOPがパンパンに詰まった2ndは景色の中に必要なピースとなる。
生きていれば、上がる時も落ちる時もある。だから焦らず、LIFE GOES ON。


本作はCD/LP/デジタルでリリースとなり、また”I SEE” (pro.DJ SCRATCH NICE)と”NO MATTER WHAT” feat.ISSUGI (pro.16FLIP)をカップリングした完全限定プレスの7EPのリリースも予定している。


MULBE 2nd ALBUM「LIFE GOES ON」
1. INTRO pro.MASS-HOLE
2. DEAL pro.TATWOINE
3. BORDER LINE pro.NAGMATIC
4. BURN UP feat.MIKRIS pro.MASS-HOLE
5. NO MATTER WHAT feat.ISSUGI pro.16FLIP
6. MIDNIGHT NAVY pro.B.T.REO
7. FLOW pro.RUFF
8. ラフに feat.FREEZ pro.LAF
9. SPECIAL pro.1co.INR
10. SKIT pro.RUFF
11. 4ALIVE feat.YUKSTA-ILL,J.COLUMBUS pro.SG THE KOOLEST 
12. GO HARD AND CHILL feat.KINGPINZ ( MASS-HOLE&Village O.G )  pro.MASS-HOLE 
13. DAY DREAMING pro.DJ SCRATCH NICE  cut by RUFF 
14. I SEE pro.DJ SCRATCH NICE 
15. DO FOR LOVE feat.鎮座DOPENESS pro.熊井吾郎 
16. LIFE GOES ON pro.呼煙魔 
17. OUTRO pro.MASS-HOLE


MULBE “夜になると” ORIGINAL VERSION & MUSIC VIDEO

MULBE “夜になると” ( ORIGINAL VERSION )
https://p-vine.lnk.to/7UzgRv

1. 夜になると (Original Version) / Prod by MACKA-CHIN
2. 夜になると (Instrumental)
3. 夜になると (Acapella)

MULBEの1st ALBUM『FAST&SLOW』のバイナルのみに収録され、先日REMIXES 12インチもリリースとなった夜を彩るクラッシック”夜になると” (pro.MACKA-CHIN)が同曲のインスト、アカペラも加えて遂に配信リリース。今までDJでライヴで夜の空気を盛り上げて来たアダルトな夜のアンセムがどこでも聴けるようになります。合わせてMACKA-CHIN本人も出演し、「不純喫茶ドープ」などで撮影したMUSIC VIDEOも公開。映像はTOSATSUMA FILMSによるもの。
BACK CHANNELにも多大なサポートをいただきました。多謝!!
photo by MURAKEN